ワインの基礎知識
ブドウの種類
ワインの選び方
ワインの楽しみ方
食べ物との組合わせ
ハードウェア
ワインの産地
K-40のワイン・レビュー
ワイン関連のリンク

K-40の独断と偏見によるワイン講座

「ワイン」と聞いただけで尻込みしてしまいますか?

「ビールは好きだけど、ワインはちょっと・・・」
「ウィスキーなら飲むけど、ワインはいまいち・・・」
「ワインって高級すぎてよく判らないから・・・」

K-40の周りにはこういった理由でワインに手を出さなかった、又は出せなかった人達がたくさんいます。「ワインは種類が多すぎてどこから始めたらいいのか解らない」というのもよく聞きますね。しかし、ワインを楽しむっていうのは、実はそんなに難しいものではないのです。かく言うK-40自身も30歳近くになるまでワインのことは全然判らず、「白ワイン=甘い、赤ワイン=苦い」という間違った偏見までを抱いてました。

ひょんなことからワインの世界に足を踏み入れることになったK-40は、ある友人にワインの基本を教えてもらい、それを元にいろんなワインを片っ端から飲んで飲んで飲みまくりました。その結果、ブドウの種類による味の違いや、ワイン工房による味の違い、生産地によるブドウの種類等々、ワインに関する様々なことを学んだのです。

じゃ、ワインって勉強しないと楽しめないの?

そんなことはありません

ただ、何も知らずに闇雲に飲みまくっても意味はありません。ワインに関しての最小限の知識を押さえた上で飲めば結構楽しめます。まず、左のメニューから「ワインの基礎知識」を選んで、ワインのラベルの読み方から始めましょう。ワインのラベルの読み方が解るだけでもワインの世界は一気に広がります。「ブドウの種類」ではワインに使われている多種多様なブドウの品種の中から代表的なものを選んで紹介していますから、こちらを読むとさらにワインの世界がよく解るようになります。

おいしいワインって高いんじゃないの?

そんなことはありません

ワインの世界は面白いもので、「おいしい=高い」という図式は必ずしも正しくありません。軽く$20を超えるボトルよりも$9前後のワインの方がおいしいなどということはよくあります。また、「おいしい」という基準は人によって違ってきますから、Aさんがおいしいと言ったからと言って、それがBさんにとってもおいしいワインだとは限りません。ワインの味はとても複雑多様なので、個人の好みが大きく分かれる所でもあるわけです。K-40のモットーは「$10〜$20の安いくておいしいワインを飲む」ことですから、このサイトで紹介しているワインもほとんどはこの値段帯の物ばかりです。

どのワインを選べばいいのか解らない

ワイン屋さんに行くと、ものすごい種類のワインのボトルが所狭しと並んでいますよね。初心者にとっては非常に取っ付き難いものです。店員さんに質問しようにも、どうやって聞けばいいのか解らない。変な質問をして恥ずかしい思いをしたくない。そんなあなたは左のメニューから「ワインの選び方」に進みましょう。

必要な小道具は?

これも意見が分かれる所で、あった方が便利、又はあった方がワインを楽しみ易い、といった物が大半だと思います。でも、無いと困るという道具がふたつだけあります。それはコーク・スクリューとグラスです。コーク・スクリューが無いとボトルを開けられませんし、グラスが無いとワインを注ぐことができません。「ボトルから直接飲むこともできるんじゃないの?」と反論する方がいそうですが、グラスに注がずにワインを飲むと、ワインの楽しみの90%以上が失われてしまうのです。詳しくは左のメニューから「ワインの味わい方」を選んで読み進んでみましょう。他のあったら便利な小道具は「ハードウェア」のページにもっと詳しい情報が載っています。

料理に合ったワインはどうやって選ぶ?

よく、「牛肉は赤、魚は白」などと言われていますが、実はこれ、迷信です。料理の素材でワインを選ぶのではなく、料理の味の種類によってそれに合うワインを選ぶというのが正しい方法でしょう。また、料理によっては白でも赤でも合う料理もありますし、ワインによってはどんな料理でもおいしく飲めるワインもあります。「じゃぁ、どうやってワインを選んだらいいんだ?!」と叫んでしまった貴方、左のメニューから「食べ物との組合わせ」を選んで組み合わせのヒントを読んでみましょう。

inserted by FC2 system